データ入稿  
 
 
 
 

ご意見・お問い合せは…

FAX:0254-21-5013
お問い合わせメールフォーム
〒957-0000

新潟県新発田市富塚1419

 

 

 

 

 

カラーマネジメント (島津カラーマネジメントシステム)


 CMSを運用することにより生産システムは最良の状態に維持管理され、高品質の印刷物―製品を安定して作ることができるようになりました。
管理はICCプロファイルをベースにすることで、統一したカラー管理を図れるようになり、作業開始から製品仕上りをイメージすることが可能になります。
 またお客様には校正の段階から「製品仕上りに近い」状態を提供することができるので、色校正や本刷りの前に仕上りをイメージしていただけます。

 

はじめにお読み下さい

ICCプロファイルをベースにカラー管理を行うことで、統一したカラー管理を図れるようになり、製品仕上りをイメージしながら作業することができるようになりました。
しかし、それはカラー設定を確実に行わないと意図した色再現ができないということになります。特にAdobeアプリケーションはインストール直後のカラー設定はWebコンテンツ向けのRGBに適したカラー設定になります。このままDTPの作業を行うとトラブルの原因となります。各アプリケーションのマニュアルに沿って適切なカラー設定を行ってください。

 

島津標準印刷規格

 カラー管理を行う為のルール=標準規格が必要です。私達はお客様に一番最適な標準規格を独自に設けました。なお規格の基となる物が島津標準印刷シートです。

 

島津標準印刷プロファイル

 島津標準印刷シートからCMYKプロファイルを作成します。これが島津標準印刷プロファイルです。この島津標準印刷プロファイルがカラー管理の中心となります。

 

画像入力設備

 画像入力に用いるデジタルカメラ、スキャナはRGB色領域でデータを作成します。しかし印刷はCMYK色領域でカラー再現を行うため、必ず色のギャップが発生します。
 そこで、作業時に製品仕上りをイメージしていただけるように、島津標準印刷プロファイルを設定したカラー設定(CSFファイル)をご用意しました。是非ご活用ください。

 

※CSFファイルは、Adobe社製のアプリケーションでご利用いただけます。

 

DTP環境

 島津標準印刷プロファイルを設定したカラー設定(CSFファイル)をご用意しました。是非ご活用ください。

 

※CSFファイルは、Adobe社製のアプリケーションでご利用いただけます。

 

全ての機器で印刷製品と同じ色を再現

メーカーから提供されるマニュアルだけでは統一したカラー管理は不可能です。そこで島津標準印刷規格を中心にカラー管理を統一することで校正の段階から製品仕上りを再現できる環境を作ります。

 

 

印刷機の標準化

印刷機は高性能であるがゆえに繊細な設定が必要です。そこで標準設定マニュアルを設けて常に最適な状態を維持できる体制をつくりました。

 

 

トップページ | お知らせ | 商品サービス | データ入稿 | サポート・ソリューション


(C)2006 Shimazu Printing. All Rights Reserved.
会社概要 | 事業部ネットワーク | ISO認証取得情報 | 主要設備 | リクルート | プライバシーポリシー