島津印刷株式会社

まちごと美術館プロジェクト

障がい者アートのレンタルからはじまる持続可能な共生社会づくりをしませんか?

「まちごと美術館」
とは?


「まちごと美術館」は、障がいのある人たちが描くアート作品をお店や企業へレンタルすることで、街と人々の心を彩り、そこで得られる収益を活かし、障がいのある人たちの社会参加と経済的自立を継続的に支援する事業です。

※ 企画運営:一般社団法人 I have a dream

 


まちごと美術館に関する詳しい情報は
まちごと美術館CotoCoto webサイト
でご確認いただけます。


まちごと美術館の理念

この街に彩りを、みんなに夢と感動を。

アートの力で、世界中をHAPPYに!

この街が色々な人の色々なアートで彩られると、それが街のカラーとなり、メッセージになります。
そこに住む人、訪れる人。
作品を作り発信する人、作品から感動や力をもらう人。
障がいのある人、障がいのない人。
アートの力で、街に人と人の交流が生まれ、生活文化が生まれます。
やがてこの活動と思いは、障がいの有無を超え、街を超え、国境を越え、世界中のみんなをHAPPYにしてくれると私たちは考えます。

【 まちごと美術館プロジェクト 
ファウンダー 】
一般社団法人 I have a dream 代表理事
 肥田野 正明

まちごと美術館
プロジェクトに
ついて


障がい者アートを扱ったレンタル事業は多く存在しますが、大半の事業は「創作活動の支援」に留まっています。
それでは、支援を受けられる対象者やその恩恵は一時的・限定的なものとなりがちです。

「まちごと美術館」は、アート作品のレンタルが「きっかけ」で、見る人・描く人・借りる人の繋がりができ、携わる人にポジティブな変化が生まれることを知っています。その結果、企業と障害のある方との接点が増え、就労の機会が生まれるなどのいくつもの経験を積み重ねてきました。
「まちごと美術館」では、障がい者アートのレンタル事業を通じて、障がいのある方の社会参加・経済的自立を支援すると共に、持続可能な共生社会・経済社会・国際社会づくりの実現を目指しています。

そして、この考え方やしくみを広く展開し、まちごと美術館の理念を実現させる。

「まちごと美術館プロジェクト」は、そのための障がい者アートレンタル事業を広めていく取り組みです。

事業内容

今後以下の事業を展開していく予定です。(2022年7月現在)

 

 

まちごと美術館プロジェクトについてのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ進む

 

 


【 企画運営事務局 】
一般社団法人 I have a dream
島津ホールディングス株式会社